• ホーム
  • パンダアップデート後に必要な中古ドメインの目利き力

パンダアップデート後に必要な中古ドメインの目利き力

パンダアップデートは2011年に行われたGoogleのアップデートで、「低品質なコンテンツが上位表示されにくくするもの」です。
例えばファーストビューに広告が大量に載っている・専門性が乏しく内容が薄いものなどが挙げられます。

また外部サイトからのリンクをもらっていない時も低品質なサイトとして評価されるので、最初からリンクをもらっている中古ドメインは魅力のあるサービスです。
しかし中古ドメイン=上位表示というわけではありません。
被リンクの質はサイトの評価において非常に重要なポイントです。
コンテンツのクオリティと同様に大切な指標となるので、おろそかにすることはできません。
中古ドメインを運用するのであれば目利きも重要なスキルといえるでしょう。
コストパフォーマンスの良いドメインを見つけられれば非常に大きな価値を見出すことができます。

良い中古ドメインの特徴としてあげられるのがアンカーテキストの分散とIP分散です。
パンダアップデートの1年後となる2012年に行われたペンギンアップデートによってスパム扱いとなるようなリンクに対してペナルティを与えるというものができました。
アンカーテキストが集中しているドメインや同一IPから大量のリンクが送られているサイトをスパムとして扱い、検索エンジンの順位に影響を与えるというものです。
このアップデートにより中古ドメインを選ぶときには、バックリンクの質を確認することが必須と言えます。

アンカーテキストは同一の単語ではなく、URLやドメイン名などで分散しているのが良いでしょう。
あまりに分散しているのは効果として疑問点が残りますが、URLに集中しているのなら良いドメインと言っても過言ではありません。
IP分散も行われており、過剰なリンク本数でなければ良いドメインとして評価しても良いでしょう。

サイトを運営するにあたりバックリンクは上位表示の必須事項です。
すでにリンクが入っていることからも新しくリンクを送る必要が少ないことや効率よく上位表示につなげることができるため、うまく活用すれば非常に便利なものとなっています。
自らバックリンクサイトを作ってリンクを送る場合、購入するドメインのリンク本数は少ない方が良いでしょう。
少ない本数で質の高いリンクであれば申し分ありません。
ドメイン選びの目利き力は現在のSEO対策において重要な役割を担っているので、スキルを磨きながらサイト運営に役立てましょう。

関連記事