• ホーム
  • 中古ドメインエイジは順位表示の影響を受けるの?

中古ドメインエイジは順位表示の影響を受けるの?

新規ドメインと中古ドメインの大きな違いとして、ドメインエイジが挙げられます。
ドメインエイジとはサイトがアップされてから、どれくらいの期間が経ったのかという期間の指標です。
WayBackMachineというツールを使えば、無料で過去のサイト情報を調べることができます。

中古ドメインのほうが 新規ドメインよりも早く上位表示するといわれていますが、その要因のひとつとしてこのドメインエイジが挙げられるでしょう。
今年にアップしたサイトよりも2年前にアップしたサイトの方が上位表示する可能性が高いです。
Googleにサイトの内容や更新具合、リンクの内容をしっかりとキャッチされ、回遊率やユーザーのコンバージョン率などに繋がっていることが理由として挙げられいます。
滞在時間が長いサイトであれば、ドメインとしての評価も高くなるわけですね。

そのためドメインエイジの影響を受けるといえるでしょう。
ただし、中古ドメインの場合、昔のサイトは他社のサイトだったことになります。
そのため必ず良い影響を与えるというわけではありません。
サイトの内容やリンクの質によってはまったく評価をされないということにもなりかねないのです。
これらの影響を受ける中古ドメインは新規ドメインに比べて不安定な要素のあるツールといえるでしょう。

過去のサイト運営状況を見れば、公的なサイトかアフィリエイトサイトのようなサイトかどうかは判断できると思います。
できることなら公的なサイトの方がよいでしょう。
そのようなサイトは被リンクの質が高いためです。
ただしひとつ注意点としてアンカーテキストがブランド名や固有名詞のものは避けたほうがよい傾向にあります。

固有名詞にはその言葉自身に意味があるのです。
「オリンピック」というリンクがあれば、運動にまつわるコンテンツという連想をするのが一般的だといえます。
そこにカードローンのサイトやFXのサイトがあれば、違和感を感じるのと同じことです。

Googleのアルゴリズムも日々進化しており、よりユーザーのニーズに応えられるサイトを上位表示しようとしています。
ユーザーにとって価値のある情報・オリジナリティのある文章を提供することで、上位表示に繋がります。
中古ドメインを使うときには、これらのように様々な要因を受けて、検索順位が変動します。
上位にあがるドメインを取得するためにも様々なツールを駆使して、自分の目的にあったドメインを探すようにしましょう。

関連記事