• ホーム
  • NAVERのリンクで重要な1回払いの中古ドメイン

NAVERのリンクで重要な1回払いの中古ドメイン

パソコンを使用する男性

NAVERはまとめサイトとしての価値が高まっているサイトであり、そこからリンクが貼られると一気にPVが上がると期待されています。
NAVERはまとめがしやすいようにTwitter、ブログなどと連携してくれます。
そのため、サイト運営においてはNAVERでまとめてもらいやすい記事を書くなど対応が急がれています。

サイト運営ではNAVERなどにまとめてもらったり、Twitterでリツイートしてもらうために記事名を大事にしているサイトが多いですが、さらに効果を上げるために中古ドメインを利用するサイトが増えています。
中古ドメインはレジストラが扱うことも多くなっていますが、転売業者が多数登場してきており、さまざまな方式で売られています。
支払い方法も1回払いが多いですが、高額のドメインもあることから分割払いに対応するサービスも増えています。
手軽に買えるようになったドメインですが、中古ドメインは隠された価値が注目を集めています。

中古ドメインの価値は主に3つあります。
1つは検索サイトでの価値、2つめはバックリンクの価値、3つめは長さです。
ドメインは運用開始されるだけでは意味がありません。
サイトやメールで利用されて価値が生まれてきます。
そのため、長くサイトやメールで利用されていればさまざまな価値が付随してくるのです。

特に注目されているのが検索サイトでの履歴です。
サイト運営の履歴は検索サイトにおいて保存されます。
そのため、長く運営されていれば検索順位においても競争力がでてくるのです。
また、コンテンツもしっかりしていれば新規サイトでコンテンツが充実していても順位が勝てないということになります。
また、インデックス化が速いですから、新規サイトに中古ドメインを適用すればすぐに新しい情報でインデックス化してくれる利点もあります。
さらにドメインを運用するとバックリンクが増えていきます。

古くはホームページの相互リンクから始まり、Twitter、Facebookとリンク先は増えています。
これらのリンクは消えることがほぼありません。
以前のサイトで稼いでいるリンク数はそのまま新しいサイトへ引き継がれます。
リンクはツールで増やしてしまうと危険ですが、古くからあるリンクなら十分に価値が出てきます。
リンクについても長く運用されているサイトは有利であり、良質なリンクが多くある可能性も高まりますので利用するサイトが増えています。

関連記事